九州への旅を100倍楽しくするための情報満載!

壱岐へ行きたい!観光スポット・日帰りモデルコース・アクセス教えます

エリア
長崎
投稿日
2019年5月28日

長崎県の壱岐諸島は、壱岐島を中心とした24の島全域が壱岐対馬国定公園ほど自然豊かな場所。
エメラルドの海や海に佇むお地蔵さん、また海にぽっかり浮かぶ神社など、他の場所にはそうそうない観光スポットも目白押しです。

福岡からジェットフォイルで1時間強の距離にあるため、思いついたままショートトリップもおすすめ♪
ただ、島内の観光スポットが点在しているので、事前のリサーチも重要。

という事で、この記事では、壱岐のテッパン観光スポットを地図をベースにご紹介していきます。
後半では壱岐のレンタカーや観光バスについてもご紹介しますね。

目次目次

壱岐のハズせない!観光スポット7選

壱岐 観光スポット 地図
冒頭でも述べたように、壱岐の著名な観光スポットは島の東西南北に点在しています。
日帰り等で時間が限られている場合は、行きたいスポットとその場所をよくチェックしておきましょうね。

1-1.辰ノ島

壱岐 辰ノ島
辰ノ島は壱岐本島から北に離れた小さな無人島。
エメラルドの海に浮かぶ、全長50mもの断崖を縦に切り裂いたような地形「蛇ケ谷」が必見ポイント。
島に上陸して海水浴・散策したり、島の絶景ポイントを見られるクルーズで楽しむ方がたくさんいますよ。
壱岐 辰ノ島
【辰の島遊覧運行料金】
■辰の島渡船 700円(350円) 片道約8分
■辰の島巡り遊覧クルーズ 1,500円(750円)  約45分
■遊覧と辰の島上陸 2,000円(1,000円)
カッコ内は小人料金
壱岐観光 たつのしま遊覧
https://www.kankai.net/jf-k/page/boat1.htm

辰ノ島

住所
長崎県壱岐市勝本町勝本浦575-91

1-2.猿岩

壱岐 猿岩 観光
壱岐のシンボルともいえる「猿岩」。
初めて壱岐に来た人は必ずと言っていい程、猿岩を背景に記念撮影するスポットです。
遠くを静かに見つめるその表情は、すでに達観の域!?
自然が生み出した造形物が偶然にもこんな魅力あふれる猿の形になるなんて面白いですね。

猿岩

住所
長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触890-2

1-3.小島神社

壱岐 観光 小島神社
壱岐芦辺町にある小島神社は岸から150m程離れた小さな島の中にあります。
満潮時には海にぽっこり浮かんで見え、潮が引いてくると神々しく鳥居まですーっと道が開けてきます。
月の影響によって導かれるその神社は「恋愛成就」のご利益があるそう♡
なんともロマンチックですね。

小島神社

住所
長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1969

1-4.はらほげ地蔵

壱岐 観光 はらほげ地蔵
はらほげ地蔵は、八幡浦の海中に六つ横並びに祀られています。
その姿はまるで海を見守っているかよう。
六種のお地蔵さまは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天において衆生の苦患を救うとされています。
海女で有名な八幡浦。
遭難した海女の冥福のため、鯨の供養慰霊のために祀られたのではないかと言い伝えられています。

はらほげ地蔵

住所
長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触1342-102

1-5.一支国博物館

壱岐 観光 一支国博物館
壱岐は地理的に中国大陸や朝鮮半島に近いことから、歴史的にも貴重な古代資料が島内から多く出土しています。
それらを一堂に展示しているのが一支国博物館。
一支国博物館がある原の辻遺跡は、『魏志』倭人伝に記された「一支国」の王都とされた場所!

【一支国博物館】
8:45~17:30(最終入館17:00)月曜休業
※月曜日が祝日の場合は翌日休館
※GWおよび夏休み期間中は無休※12月29日~31日休館
観覧料 400円(200円)

一支国博物館

住所
長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
TEL
0920-45-2731
HP
http://www.iki-haku.jp/

1-6.男嶽神社・石猿群

壱岐 観光 男嶽神社
男嶽神社は壱岐で2番目に高い男岳山の頂上付近に祭られている神社。
男岳山の隣には女岳山があり、こちらは女嶽神社が祭られています。
壱岐の東北、鬼門に位置する男岳山は、明治時代まで山に入る事すら禁じられていた神聖な霊山。
男嶽神社本殿周辺を一周するように並んでる猿の石像群は願掛けが成就し奉納されたもの。
230体を超す沢山の猿の石像はそれぞれ表情や形が違います。

男嶽神社・石猿群

住所
長崎県壱岐市芦辺町箱崎本村触1678

1-7.筒城浜

壱岐 観光 筒城浜
筒城浜海水浴場は、日本の快水浴場100選・日本の渚100選に選ばれたエメラルドグリーンに輝く美しいビーチです。
遠浅で波も穏やか。透明度も高く、砂浜は白くサラサラときめが細かい。
夏になると海水客で賑わう壱岐一番の海水浴場です。
シャワー・トイレ等、設備も整っており、オンシーズンの8月には郷ノ浦港から臨時の路線バスが運行されるのも賑わう理由。

筒城浜

住所
長崎県壱岐市石田町筒城仲触

2.壱岐のおすすめモデルコース

福岡~壱岐なら、弾丸日帰りツアーもok!博多のアーバンな空気と、壱岐のローカルな空気両方楽しんじゃいましょう♪

8:00 ジェットフォイルで壱岐へ
博多港から壱岐の郷ノ浦まで1時間ちょっとの船旅
↓(70分)
9:10 郷ノ浦着 レンタカーを借りる
↓(20分)
10:00 猿岩
定番スポットで記念撮影!
↓(30分)
11:00 壱岐イルカパーク&リゾート
イルカと触れ合えるプログラムのほか、おしゃれなカフェスペースやアスレチックが人気です。
https://ikiparks.com/program/

12:30 勝本町周辺でお昼タイム
おすすめ!ウニや海鮮丼がいただける勝本町のお食事処
■お食事処大幸 電話:0920-42-2345
■割烹一富士 電話:0920-42-0072

13:30 辰ノ島クルーズへGO!
辰ノ島のあと港に直行するなら上陸するのもあり。滞在時間は1時間ほど。
↓(20分)
15:00 小島神社
↓(20分)
16:00 郷ノ浦港でレンタカー返却

17:10 壱岐(郷ノ浦)発 ~ 博多港18:20着

3.壱岐島内の移動手段

壱岐には路線バスもありますが病院や港、空港など地元の方に根差した路線のため、観光で使うとなると少々不便。
効率的にめぐるには、路線バス以外の交通手段がおすすめです。

3-1.レンタカー

壱岐 観光 レンタカー
東西南北観光スポットが点在する壱岐で、交通手段は何といってもレンタカーがおすすめです。
レンタカー会社によって、貸出返却に対応できる港・空港が異なります。
乗り捨て不可のレンタカー会社もありますので、あらかじめ往復の船・飛行機の時間も調べておきましょう。
郷ノ浦港最寄のレンタカー会社
・壱岐永岡レンタカー郷ノ浦港予約センター  電話: 0920-47-5760
・あぶらや壱岐レンタカー 電話: 0920-40-0072
・オリックスレンタカー長崎壱岐店 電話: 0920-47-0300
・壱岐交通レンタリース 本社営業所 電話: 0920-47-1156
・バジェット・レンタカー 郷ノ浦港営業所 電話: 092-281-0543 

芦辺港最寄のレンタカー会社
・東和レンタカー 電話: 0920-45-2331
・バジェット・レンタカー 芦辺港営業所 電話: 092-281-0543


壱岐でレンタカーを借りるなら格安レンタカー予約サイトのレンタカードットコムで!
壱岐でレンタカーを借りるなら、格安レンタカー予約サイトのレンタカードットコムで!

3-2.観光バス

壱岐 観光 バス
壱岐は観光バスがあり、1日コースと、午前・午後発コースの3タイプ。
どのコースも辰ノ島には行けないのがちょっと残念かな。
辰の島が目的の場合は、路線バスで勝本方面を目指しましょう。

●お問い合わせ
壱岐交通株式会社 TEL:0920-47-1161
http://iki-kotsu.com/bus/pdf/pst.pdf
路線バス
http://iki-kotsu.com/bus/noriai.htm

3-3.タクシー

壱岐 観光 タクシー
壱岐観光タクシー 「ぐるたく」を利用して観光するのもひとつの手かもしれません。
島内をぐるっと周って6時間で約22,000円。4人乗車したら1人5,500です。
観光コース、所要時間、車種によっても料金は変わってきます。
壱岐を隅々まで知り尽くしたベテランドライバーさんとの会話を楽しみながらのドライブは格別かもしれません。

●お問い合わせ
壱岐観光タクシー  TEL0920-47-1155(壱岐交通)
https://ikitaxi.kankai.net/page/itiran.html

4壱岐へのアクセス

壱岐 観光 アクセス 飛行機 船
壱岐へのアクセスは、船の場合は福岡もしくは佐賀・唐津から、飛行機の場合は長崎からのみ。
船の場合、壱岐の到着港は便によって異なるうえ、シーズンやドッグ(修繕)期間など利用日によっても運行時刻・到着港が細目に変わりますので、事前確認をしっかりと!

福岡県|博多港~郷ノ浦港or芦辺港(片道)

・ジェットフォイル
 所要時間/約1時間10分
 料金/4,040円
・フェリー
 所要時間/約2時間10分
 料金/1等 2,800円 2等指定席 2,390円 2等 1,980円
九州 郵船

佐賀県|唐津東港~印通寺港(片道)

・フェリー
 所要時間/約1時間45分
 料金/2等 1,520円
九州 郵船

長崎県|長崎空港(片道)

・飛行機
 所要時間/約30分
 料金/年間平均10,100円
ORCオリエンタルエアブリッジ

5.おわりに

壱岐 観光 猿岩 夕日
壱岐は、紹介しきれない観光情報やグルメ情報がまだまだたくさんあります。
しかし、まずは美しい海、鉄板の観光エリアを訪れてほしいと思いピックアップしてご紹介しました。
じつは夏だけではなく冬も意外に穴場な壱岐。冬の温泉&壱岐牛・牡蠣グルメ旅もおススメです。

記事が気に入ったらシェアしてね

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト