九州への旅を100倍楽しくするための情報満載!

ハウステンボスで泊まるなら!あなたにピッタリなホテルを探そう

エリア
ホテル
投稿日
2019年2月5日

長崎屈指のテーマパーク、「ハウステンボス」。

色とりどりの花畑、流れゆく運河に風車など、横目に歩いているだけでオランダ旅行をしているかのような気分に浸ることができます。

長崎旅行のあいまに訪れるのも良いですが、せっかくならホテルステイも含めて、世界観にどっぷり浸ってみるのはいかがでしょうか?

今回はそんな「ハウステンボス」ステイにピッタリなホテルを、5つピックアップ!

それぞれの特徴や魅力をもれなくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

目次目次

1. ホテルヨーロッパ

ホテルヨーロッパ 夜 外観まずはじめにご紹介させていただくのは、「ホテルヨーロッパ」。

ハウステンボス公式ホテルの中でも、最も格式高く、ワンランク上のサービスでおもてなし。

じつはオランダの首都アムステルダムに実在する100年の歴史をもつ、「ホテル・デル・ヨーロッパ」をモデルとして、さらにグレードアップしたという建築コンセプトで造られています。

客室は全310室。
スタンダードをはじめ、わずか3室のみのロイヤルスイートなど、お客様のニーズに沿うよう多様な部屋タイプを揃え、いずれも重厚感たっぷり。

ホテルヨーロッパ ヨーロッパデザイナールーム ベッドそんな「ホテルヨーロッパ」で、ぜひ宿泊していただきたいのが、フルリノベーションされたというヨーロッパデザイナールーム。

壁紙とベッドカバーは同じデザインで統一され、花に包まれるハウステンボスを華やかなお部屋でも感じていただけるよう、ヨーロッパ調で仕立てた大人の空間をお楽しみいただけます。

ホテルヨーロッパ ポンツーンへ向かう船内海側に面したお部屋では、ポンツーンに船が行き来する光景が見られたり、まるでオランダの別荘に暮らしているかのような気分に。

船でチェックイン・チェックアウトできるのも「ホテルヨーロッパ」ならではの、おもてなしです。

また「ホテルヨーロッパ」ステイをより堪能するならば、クラブラウンジの利用もイチオシ。

ホテルヨーロッパ クラブラウンジ フィンガーフードこちらのクラブラウンジは、1日6組限定。
7:00~22:00までの間、専任スタッフが常駐し、時間に応じた軽食をお楽しみいただけます。

ゆったりとしたソファーや気品あふれる調度品。上質な寛ぎの空間には、オードブルやスイーツ、ワイン・ソフトドリンクまで用意されています。

また、ホテルヨーロッパの朝食は、開放感あるアンカーズラウンジでの和洋をメインとしたビュッフェが好評!

朝オープン前のハウステンボス園内をお散歩したあとにモーニング、なんていう使い方も素敵。

ホテルステイに重きを置きたい方にピッタリのホテルと言えるでしょう。

2. ホテルアムステルダム

ホテルアムステルダム 夜 外観続いては、唯一ハウステンボスの敷地内に建物を構える「ホテルアムステルダム」。

文字通り「ハウステンボスに暮らす」という、非日常が体験できます。

迫力満点のプロジェクションマッピングに、アムステルダム広場までも徒歩約1分。

ハウステンボスのエンターテインメントをここぞとばかりに、満喫できるワケです。

ホテルアムステルダム 客室から見える園内【客室からハウステンボス園内を臨む】
客室は全202室。
スーペリアをはじめ、華やかなデラックスデザイナーズルームなど。

いずれも2~4名様までベッドがあるので、ご家族やグループでも快適に過ごせます。

ホテルアムステルダム ローラアシュレイルーム ベッドそんな「ホテルアムステルダム」にステイするなら、泊まるべくはクラブフロア。

壁紙・ベッドカバーはもちろん、カーテンにまでバラの模様が描かれ、とってもメルヘンチック。
女子旅なんかでステイしたら、会話にも花が咲きそうだな、と感じました。

ホテルアムステルダム ローラアシュレイルーム アメニティ女性に嬉しい設備としては、部屋の何か所にも鏡が設置されていること。

これだけあれば複数人でステイの際、朝の準備が慌ただしくなる心配もありません。

ホテルアムステルダム クラブラウンジちなみにクラブフロアにステイの方は、全員クラブラウンジの利用が可能。

朝食から就寝前のナイトキャップに至るまで、時間ごとの多彩なメニューをお楽しみくださいね。

ホテルアムステルダム ロビーコンサート最後にピックアップするのは、「ホテルアムステルダム」のロビーで行われるロビーコンサート。

本場ヨーロッパから招聘したミュージシャンのクラシック演奏などが、気軽に体験できるんです。
(※火・水=休演日)

通常ミュージックチャージ3,000円なのが、宿泊者ならワンドリンクで観覧できるのも嬉しいトコロ。
お眠りの前に立ち寄って、優雅な気分に浸ってみてはいかがでしょうか?

3. ホテルオークラJRハウステンボス

ホテルオークラJRハウステンボス 外観3つめにご紹介させていただくのは、「ホテルオークラJRハウステンボス」。

ハウステンボス入口までは徒歩約2分、お城のような外観が目印です。

ラグジュアリーな雰囲気ながらも、ハウステンボス公式ホテル唯一の天然温泉を保有。
館内1階にはコンビニエンスストアなど、利便性もバッチリ備えています。

客室は全320室。
階層ごとにお部屋のジャンルが異なっており、スタンダードからスイートまで幅広くご利用いただくことができますよ。

そんな「ホテルオークラJRハウステンボス」での宿泊に迷ったら、スーペリアパークビューツインへ・・・。

ホテルオークラJRハウステンボス スーペリアパークビューツイン ベッド客室は優しいゴールドにまとめられ、何とも言えない大人な雰囲気。

ワンランク上のアメニティを備え、ちょっぴり優越感が嬉しいトコロ。

ホテルオークラJRハウステンボス 客室からの眺望そしてカーテンを開ければこの景色!
赤い屋根の家々の奥には、ハウステンボスのシンボル、ドムトールン聖堂までも一望できるんです。

これは7~9階のパーク側に位置する、お部屋の特権。どこか異国の地に来た気分になれるでしょう。

そんな創業20年を超える老舗ホテルの特筆すべき点は、美味しい朝食。

豊富な洋食メニューに和のエッセンスが加わったラインナップで、朝起きるのが楽しみになりそう。

ホテル館内で焼き上げるパンに、シェフが目の前で調理してくれるオムレツ・フレンチトーストなど。よりどりみどりで、目移りしてしまいそう。

気に入ったパンはホテル併設のベーカリーで購入できるので、お土産に持ち帰るのもアリ◎

たくさん遊んで、温泉で癒されて、美味しいご飯を食べて・・・。
そんな「ホテルオークラJRハウステンボス」ステイを、満喫されてみてはいかがでしょうか?

4. ウォーターマークホテル

ウォーターマークホテル 外観いよいよホテルのご紹介も後半戦に突入。4つめは、「ウォーターマークホテル」。

これまで挙げてきたホテルとの最大の違いは、オーシャンフロントということ。
目の前には大村湾を一望でき、季節ごとに行われる花火イベントだって特等席で見られるんです。

客室は全228室。
スタンダードからグループ向けのデラックス、コンセプトルームまで様々な部屋があります。

そんな「ウォーターマークホテル」に泊まるなら、スーペリアビュールームがイチオシ。

ウォーターマークホテル スーペリアビュールーム ベッドブルーを基調としたモダンヨーロピアン調のお部屋は、リュクスながらも落ち着いた雰囲気。

何より全9室しかないトクベツ感も、テンションが上がるポイント!

ウォーターマークホテル 客室からの眺望気になる眺望はこんな感じ。
筆者は昼間に撮影したのですが、夜になるとキラキラと瞬く街の灯り。よりロマンチックな演出をしてくれることでしょう。

そんな「ウォーターマークホテル」は、ハウステンボス中心街からは離れたハーバータウンという場所に立地。

ハウステンボス中心街からは離れていますが、海側の反対は森に囲まれ、静かに滞在したい方には打ってつけです。

ウォーターマークホテル 客室から見える園内オランダの宮殿を再現したパレスハウステンボスまでのアクセスも良いので、お散歩がてら散策したり、伝統的な展示物を見に行くのも乙◎

あくせくせずゆとりを持ってステイしたい方、ぜひ「ウォーターマークホテル」を宿泊先に選んでみてくださいね。

5. フォレストヴィラ

フォレストヴィラ 湖畔に軒を連ねるコテージ最後にピックアップさせていただくのは、「フォレストヴィラ」。

ハウステンボスの中で最も静かな場所に位置するホテル。自然に囲まれた別荘感覚の全客室が、湖畔にたたずむコテージタイプ。

朝を告げる小鳥のさえずりや白鳥たちの訪問が日常を忘れさせ、自然を存分に感じられるステイができます。

ファミリーにはもちろん、ワンちゃんを連れての宿泊ができるのはココだけ。
朝早起きして、緑道の中をお散歩するなんていうことも、できるワケです。

客室数は全104戸。前述したドッグヴィラを含め、部屋タイプは全3種類。(立地の違い)

フォレストヴィラ コテージ内の様子「フォレストヴィラ」に滞在するなら、レイクアイランドヴィラがオススメ。

湖に浮かぶ島に宿泊棟が軒を連ね、テラスに出て水面を泳ぐ白鳥を見れば、さながらヨーロッパ郊外にいるかのような気分に浸れるでしょう。

コテージなので1・2階に分かれているのも、嬉しい仕様。2階には、独立したベッドルームを2部屋配しています。

どちらのフロアにも水回り・お手洗いが付いているので、取り合いになる心配もありませんよ。

ひとつのコテージでもしっかりプライバシーを保つことができるので、家族はもちろん、友人や仲間とのステイにも最適です。

フォレストヴィラ トロティネより湖を見渡すホテルステイの楽しみであるお食事は、レストラン「トロティネ」にて・・・。

コンセプトは、身体にやさしい料理。
長崎県産の食材を用いた、新鮮で健康的なメニューがずらりと並んでいます。

フォレストヴィラ トロティネ ビュッフェ イメージ朝食では、各月で変わるご当地料理も目玉のひとつ。(随時変更)

ハトシに五島うどんなど、その土地ならではのお料理も併せてお楽しみくださいね。

自然豊かな環境で過ごすハウステンボス、マイナスイオンに癒されながら、非日常なひと時を過ごしませんか?

6. おわりに

ハウステンボスのホテル5つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

どれも個性が光っていて、どれにしようか悩んでしまいますよね。
ヨーロピアンな雰囲気・港町・緑豊かな環境など・・・きっとお気に入りが見つかること間違いナシ!

ぜひこのホテル記事を参考に、有意義なハウステンボスステイにしてくださいね。

記事が気に入ったらシェアしてね

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト