九州への旅を100倍楽しくするための情報満載!

福岡―宮崎の移動(飛行機・高速バス・車・電車)を時間・料金で比較してみた

エリア
宮崎
投稿日
2019年5月22日

宮崎は、高速道路も鉄道も九州山地を迂回するようにあるため、九州の中でもなんとなーく遠い場所。
今回はそんな宮崎へのアクセス方法を福岡を起点に比較していきたいと思います。
これを読めばなんとなーく遠い宮崎がちょっと近く感じられるかもしれませんよ。

目次目次

1.飛行機のコスパがいい!

もし福岡市周辺から宮崎市(宮崎県南部)へ移動するなら、飛行機が断然コスパgood。
ANA/JAL/ORCの3社あわせて1日に18便も運行している(2019年5月時点)うえ、早期予約であれば片道¥5,000を下回る事もあります。

飛行時間は約40分。始発は福岡7:20発で8:00には宮崎空港に到着!
どちらの空港も市街地から近いので、搭乗手続き等の時間を考慮しても、やっぱり飛行機が時間も料金も条件がいいですね。

デメリットとしては、直近で利用する場合のコストが高い事。
割引がまったく適用されない場合だと片道¥19,000ほどになってしまいます。

ANA
https://www.ana.co.jp/
JAL
https://www.jal.co.jp/
ORC
https://www.orc-air.co.jp/

2.高速バスはとにかく安い

料金面ではやはり高速バスが一歩抜きんでています。
最安値だと¥2,400、最高値でも¥6,500ほど。

運行会社は2社。
西鉄バスは本数豊富、乗車場所は天神
http://www.nishitetsu.jp/bus/highwaybus/rosen/phoenix.html
サンマリンライナーは格安料金。乗車場所は博多駅近くの南側、筑紫通り近くです。
http://www.sunmarineliner.com/

飛行機と違って、間際で高くなるという事も無く節約旅行の救世主。

出発は天神・到着は宮崎駅と、乗降場所はどちらも市街地。
所要時間約4時間40分。

夜行便は金・土の1便のみ。昼行便とは経路が異なるため所要時間は無く、運賃は高くなります。
<参考url>西鉄くらしネット
http://www.nishitetsu.jp/bus/highwaybus/rosen/miyazaki.html

注意しておきたいのは、要事前予約制という事!

3.電車は電車の旅を楽しもう

宮崎県と他県を跨いで運行するJR特急は、鹿児島中央―宮崎間を運航する「特急きりしま」のみ。
新幹線&特急を使ってという場合は、博多―鹿児島中央―宮崎という経路が時間・料金ともに妥当ですが、片道約3時間40分・費用は¥12,880かかります。

時間や料金で比較するといま一つですが、JR九州の特急車両はデザイン性が高いという事で人気。
話題の電車に乗って、移動を旅に目的にするというのもありですね。

4.グループ旅行なら車もあり

博多駅東I.C.から宮崎I.C.の高速料金(普通車)は¥7,080。
走行距離は約300キロ。
体力的には少々キツイですが、3~4人で向かう場合はとってもリーズナブル!

おわりに

車をのぞいた場合、福岡から宮崎への移動は主に飛行機か高速バスの2択と言えますね。
スケジュールや費用に合わせて便利に使えるといいですね。
数量限定や早期予約での割引があるので、早めの予約でもっと得しちゃいましょう!

記事が気に入ったらシェアしてね

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト